「ほっ」と。キャンペーン

髪 お手入れで髪ツヤを目指そう!


髪の毛は女性の美しさにとって重要ポイント!
素敵な服やアクセサリーで着飾っても、
髪がボサボサだと疲れた印象になってしまいます。
毎日のお手入れで髪ツヤを取り戻す方法をまとめてみました。


【ブラッシング】
◆できるだけゆっくりとブラッシングする
◆濡れた髪の毛でのブラッシングはNG
◆頭を洗う前に行う
◆豚毛や猪毛などのブラシを使う

摩擦は髪の痛みの原因。なるべく摩擦を与えないためにも、
早いブラッシング濡れた髪の毛でのブラッシングはやめましょう。
頭洗う前に汚れを落とし血行を良くしておくことで、
皮脂を髪全体に伸ばす効果があります。
豚毛や猪毛などのブラシは水洗いができなかったり、
ほこりがたまりやすいという取り扱いの難しさがありますが、
静電気が起きにくくツヤのある髪のためには最適のブラシです。


【シャンプー】
◆水で余洗いを1~2分かけてしっかりする
◆髪の毛を洗うのではなく、
 やさしく頭皮をマッサージするように洗う
◆指のはらで毛穴を洗う意識を持って洗う
◆時間をかけて丁寧にすすぐ

余洗いをすることで8割の汚れを取ることができます。
毛穴に油が詰まってしまうと、
毛穴から髪の毛がまっすぐ生えることができなくなり、
それがうねりや縮れ毛の原因になります。
また、耳の後ろや襟足は洗えていないことが多いので意識的に洗いましょう。
そして、洗浄成分が髪や頭皮に残らないよう、
「洗う」より「流す」を重点におきましょう。


【トリートメント】
◆シャンプーの後、
 タオルでしっかりと水分を拭き取る
◆髪につける
◆蒸しタオルを巻いたり、
 シャワーキャップを付ける

髪が水に濡れたままでは、
トリートメント成分を弾くことになってしまい、
髪の毛に吸収されません。
タオルでしっかりと水分を拭き取るか、
毛をしっかり絞ってから行ないましょう。
頭皮につけても、
頭皮からはトリートメントの成分を吸収されません。
逆に、油分がついてしまうことになり、
髪のベタつきの原因になるので注意が必要です。
蒸しタオルをまいたり、
シャワーキャップでしばらくそのままおくと、
成分が髪に浸透していきやすいですよ。


【ブロー】
◆髪は絶対乾かして寝る
◆タオルドライをしっかりする
◆髪をいくつかにブロッキングして乾かす
◆洗い流さないトリートメントをつける
◆ドライヤーは髪から20cm離し、
 髪を撫でながら後頭部から吹き降ろす
◆毛先は8割程度乾けばOK
◆冷風を最後にあてる

自然乾燥は確実にキューティクルを壊すので、
ブローを怠らないようにしましょう。
タオルは髪を挟むようにし、
ポンポンと叩くように水気を取ります。
乾かす時間が長いとそれだけ髪も痛めてしまうので、
流さないトリートメントをつければ、
ドライヤーの熱から髪を守る効果があります。
顔周りは顔に向かって毛が生えているので、
根本から毛の生えている方向に沿って乾かすことで、
キューティクルが整う&ツヤが出る上に、
うねりも起こらなくなりますよ。
その際、熱風をあてる時は髪を揺らすのではなく、
ドライヤーを揺らしながら手ぐしで髪を整えながら乾かすと、
髪にかかる負担が軽減しますよ。
完璧に乾かしてしまうと潤いが奪われパサパサ髪の原因になるので、
8割ぐらい乾いたら最後に冷風で髪を冷やしましょう。
キューティクルが閉まり、バリア機能が高まりますよ。


【頭皮マッサージ】
◆シャンプーをするときや
 お風呂上りに行う

後頭部に両手の親指を置き、
手のひらは開いて頭を覆うように添えます。
指の腹を使って生え際あたりからゆっくりと軽くたたくようにして、
頭全体をマッサージしていきましょう。
5分ぐらいかけてゆっくりと、
トントンとリズムよく動かすことがポイントですよ。

髪ツヤを目指すなら試して損はないですよ

同じ毛でも脱毛なら
深いい話しで
取り上げられた
かなりいいところがあります。

[PR]

# by khkh3w14 | 2014-06-24 13:45